スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆“にゃん友ニャッキー”のお話~第10話「気になるスミレちゃん」

(第9話「保護の準備へ」からつづく)

ニャッキー&ロッキーの保護の準備は、しばらくは順調に進んできましたが、
ここで新たな問題が生じてきました。

実は、たまに出会う“スミレちゃん”という8ヶ月くらいのメスの猫がいます。
その子のお腹が、明日にでも子供を生みそうなくらいに
大きくなっていることに最近気がついたのです。

スミレちゃんは身体が小さいので、
他の猫たちにいじめられて逃げ隠れしていて、
1日中のほとんどを、自動販売機の下の隙間で過ごしているようです。
ですが、この辺は交通量も激しいですし、
とても安心して子供を生める環境ではありません。
見かけるたびに気になり心配していたのですが、
このような状況になってしまってはもう放ってはおけません。

でも、今はニャッキーやロッキーと保護の約束をして、
迎える準備に入ったところであまり余裕がありません。
かと言って、この状態のスミレちゃんを
見過ごすわけにもいきません。
私の心は大きく揺れ動きました。

そしていろいろ悩んだ末に、私はニャッキーに相談してみました。

「ねえ、ニャッキー、相談があるんだけど…。
 スミレちゃんという女の子がいるの。
 その子はもうすぐ赤ちゃんが生まれそうなのよ。
 スミレちゃんを先に保護したいんだけど、いい?」

「うん、いいよ。ボクは男だし後でもいいヨ!
 急ぐならスミレちゃんを早く保護してあげてヨ」

さりげないけど、思いやりのあるやさしい言葉でした。
私はこの瞬間ニャッキーに惚れちゃいました(*"o"*)
『さすがニャッキー!猫にしておくのは惜しいわ~』
と舞い上がってしまいました!
…と、そんなことを言っている場合ではありません。

スミレちゃんはお腹が大きいですから、
警戒心が強く、なかなか姿を見せようとしません。
もし、保護に失敗してしまえば
二度とその場所に戻ってくることはないでしょう。
第10話「気になるスミレちゃん」
私は、まず保護の予定の前日に、スミレちゃんにあらかじめお話をしました。

「スミレちゃん。私、明日もくるから。スミレちゃんも必ず来て」
「うん。わかった…」

一応スミレちゃんの気持ちを確認できたので、
次の日、スミレちゃんの保護を決行することにしました。

つづく→第11話「スミレちゃんの心の傷」につづく


フェアリーナ51からのメッセージも読んでもらえると嬉しいです。

多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

◆“にゃん友ニャッキー”のお話~第9話「保護の準備へ」

(第8話「ちゃっかりチャッピー」からつづく)

さて、ロッキーの騒動やチャッピーという
予想外のメンバーの出現で
ニャッキーたちの保護が遅れ気味になっていました。
そろそろ保護活動を再開しなければなりません。

ロッキーは保護をすることを話してから
私に対して警戒心がなくなり、
身体を触らせてくれるようになりましたので
保護の準備をすすめることにしました。

まず、第1段階として「レボリューションを投与」しました。

外猫は草むらなどで暮らしているため
どんな猫もノミやダニがついています。
そのまま自宅に連れて帰れば、自宅の保護猫たちに
ノミ、ダニが移り大変なことになってしまいます。
そうならないために、外にいる段階で
ノミや耳ダニを死滅させる効果のある
レボリューションを首の後ろの肌に直接つけてあげます。

ただ、ニャッキーもロッキーもそうですが、
毛をかき分けると身体中傷だらけなので
薬がしみないよう、傷を避けてつけてあげないといけません。
生々しい傷は、外猫が生きぬくための厳しさを
物語っているようで心が痛みます。

投与後はすぐに効果がでてきます。
肌から血液中に入り込んだ薬(レボリューション)を
ノミは血と一緒に吸います。
しきりに身体をかいているニャッキーたちですが
これでだいぶ楽になるでしょう。

と、ここまでは順調に進んできたのですが
また新たな問題が生じてきました。

つづく→第10話「気になるスミレちゃん」につづく
3匹にレボリューションを投与
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

レボリューションはファイザー社のフィラリア予防・ノミ・ダニの抑制・駆除薬です。
投与後はすぐに効果がでてきます。

「レボリューション6%」の特徴は以下の通りです。

Revolutionレボリューション」はファイザー社のフィラリア予防・ノミ・ダニの抑制・駆除薬です。投与後はすぐに効果がでてきます。

「レボリューション6%」の特徴は以下の通りです。


★成分について
・ファイザー社が開発した新有効成分「セラメクチン」を配合しています。
 「セラメクチン」とは
  ・ノミの卵の孵化(ふか)を阻害、殺ノミ幼虫作用があり
   犬、猫のノミ駆除とノミ寄生を予防
  ・犬フィラリア症の予防
  ・ミミヒゼンダニ駆除
  ・猫の回虫駆除
 等の効能があります。


★投与について
・投与は、皮膚に直接つける簡単なスポット剤(滴下式)です。
・猫のノミに対する駆除効果は1ヶ月持続。月1回投与でOKです。
・薬剤の投与量が少なく、投与した箇所はすぐに乾燥します。
・薬剤は、投与部位からすばやく吸収され確実に効果を発揮します。
・シャンプー後、被毛および皮膚が乾けばすぐに投与も可能です。
・投与の2時間後にシャンプーしても、効果に影響しません。
・6週間の子犬・子猫、および妊娠中、授乳中の犬、猫にも使用可能です。

投与も簡単で使いやすく安全ですのでおすすめです。
動物病院で1本/1,400円~購入することができます。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

フェアリーナ51からのメッセージも読んでもらえると嬉しいです。

多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

◆“にゃん友ニャッキー”のお話~第8話「ちゃっかりチャッピー」

(第7話「一緒に!」からつづく)

ロッキーが失踪した理由は謎のままですが、無事に戻ってくれてひと安心です。
いつものニャッキー、ロッキー名コンビも復活。
と思いきや、この騒動にまぎれて(?)
ロッキーにそっくりな猫ちゃんの“ロッキー2”が居つくようになりました。実は“ロッキー2”という名前は、
彼がすぐにいなくなると思って仮でつけたものでした。
ロッキーが戻ってきた以上、ロッキー2のままではまぎらわしいので、
新しい名前をつけてあげることにしました。

そこで、茶色の柄と幸せになるようにのと願いをこめて
茶+ハッピー=“チャッピー”という名前を考えました。

「君の名前を新しく“チャッピー”にするけど、いいかな?」
「うん?ボクの?!へーいい名前だな。ありがとう!」

新しく名前をもらったチャッピーは気をよくしたのか
その日から私に保護されることを期待するようになりました。
そして、シッポをまっすぐに突き立てて
ニャッキーやロッキーに「僕は君達と友達だよね!一緒だよね!」と
しきりに親密度をアピールします。

ところが、「何を言っているんだよー?」とばかりに
ニャッキーたちから猫パンチをくらってしまうのです。
チャッピーはそれでもめげないので、
最近では「ちゃっかりチャッピー」と
呼ばれるようになりましたとさ(^_^;)。

つづく→第9話「保護の準備へ」につづく
ちゃっかりチャッピー
フェアリーナ51からのメッセージも読んでもらえると嬉しいです。

多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

◆“にゃん友ニャッキー”のお話~第7話「一緒に!」

(第6話「ロッキーの失踪」からつづく)

ニャッキー思いでのんびり屋のロッキー。いなくなって初めて気がついたのです。
ニャッキーだけでなく、私にとってもこれほどまでに愛しい存在だったと。
もう私はすでに保護猫はたくさんかかえていますが、
ロッキーが戻ったらニャッキーと一緒に保護することを決めました。

私は毎日付近を捜索しながら、テレパシーで何度も呼びつづけました。
「ロッキーどこにいるの。ロッキー戻ってきて」

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

そして行方不明になってから4日ほど経った夜、
ロッキーがフラフラしながら私の目の前に現れました!
ああ、よかった!無事だった!
ニャッキーも大喜びです!
あまりのうれしさに、私とニャッキーは
喜びのニャンタッチを交わしたほどです。

私はロッキーのそばへ行き話しかけました。
「ロッキー!!無事でよかったよ。ほんとに心配していたんだよ」
「うん。なんか食べるものない?お腹がペコペコだ…」
「今あげるから待って」
私は、ロッキーが戻ってきたとき用に
あらかじめ用意しておいた缶詰を開けて、食べさせました。

行方知れずになってからずっと食べていなかったのか
無心にガツガツと食べていました。
どこに行っていたのか話しかけてみても、
食べるのに夢中で答えがありません。

私は、ロッキーの食べる姿を見てふと思いました。
「もしかしたらロッキーは、ニャッキーがここに残ると言ったから、自分がいなくなればとニャッキーが幸せになると思って姿を消したのではないか」と。

ロッキーが缶詰を食べ終わってから、
ロッキーに保護のことを聞いてみました。
「ねえ、ロッキー。ニャッキーと一緒にロッキーも
 保護していいかな?」
「えっ!いいの?」

ロッキーは、はにかんで照れくさそうに返事をしてくれました。
でも、とっても嬉しかったみたいで、
身体を地面にこすりつけて喜びを表現しくれました。
そうしたら、それを見たニャッキーも同じように地面に転がって、2匹とも泥まみれになってしまいました。
キミたち、いつも汚れているのに、ますます汚れてしまうよ(TvT)
でも、ほんとよかった…。
にゃん友ニャッキー”のお話~第7話「一緒に!」
- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

これで「めでたし、めでたし。終わり」と言いたいところですが
ニャッキーとロッキーに保護の約束をしたものの
いつ、どうやって保護しようかと私は思い悩んでいるのでした。
はたして保護は実現できるのか…。

つづく→第8話「ちゃっかりチャッピー」につづく

フェアリーナ51からのメッセージも読んでもらえると嬉しいです。

多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

◆にゃん友ニャッキーのお話って本当のこと?!

フェアリーナ フェアリーナ51からのメッセージ

いつもフェアリーナのブログをお読みいただきありがとうございます。
皆様は「にゃん友“ニャッキー”のお話」をお楽しみいただいているでしょうか。

実は、これを読んでくださった皆さんから「面白いお話ですね」という感想を多々いただいておりますが、
実際にあった出来事だと思ってもらえてないようです。
確かに、猫とお話をしたりして、本当だったら不思議に感じるのも
無理はないかもしれません。

ですが、これまでのニャッキーのお話は、すべて事実を書かせてもらっています。
私は、ある時の決意をきっかけに、次第に猫と会話(ニャゴにゃ語)ができるようになりました。
なかなか信じていただくのは難しいかもしれませんが、
本気で猫と話しがしたい!と思うと、本当に猫の声が聞こえてくるのです。
最近ではアニマルコミュニケーションというものもあります。
私としては、ニャッキーのお話については活動報告を兼ねてお伝えしています。

私は、ニャッキーたちには、すべて会話をして納得してもらった上で
保護したいと思っています。
でも、お互いに考えを確かめながらやっているため、
ちょっと時間がかかってしまいますが、
無事に保護して、彼らがしあわせになれるように活動を続けるつもりです。
すったもんだもあっていろいろと大変なこともありますが、
皆様には暖かい目で見守っていただければ幸いです。


多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

◆“にゃん友ニャッキー”のお話~第6話「ロッキーの失踪」

(第5話「友情と決断」からつづく)

「やっぱり、ぼくはここに残る!ロッキーと一緒にいる」

ロッキーの言葉を聞いて、そう答えたニャッキー。
自分の幸せを願ってくれたロッキーの気持ちが嬉しくて、
ここに残る決断をしたようです。
「なんてけなげな猫ちゃんたちなの…」
私はそのとき目頭が熱くなるのをおさえきれませんでした。

でも、ニャッキーの体調が心配で
できれば1日も早く保護したいと思っていたのに
予想外の展開になってしまったことは確かです。
しかも、まだ寒さが残り冷たい雨が続いているので、
ぶり返す恐れもあります。

「何かいい案はないだろうか…」と考えていると
ある日、ロッキーが姿を見せなくなりました。
これまでは毎日ちゃんと顔を出し、
元気な姿を見せていたのに…。
ニャッキーや他の猫たちに聞いても
「わからない」というばかり。

するとロッキーにそっくりな猫が現れました。
柄やちょっとのんびりな感じがロッキーと似ていますが、
あきらかに違う子です。
どうも、ロッキーを心配して来てくれたようで、
もしかしたら、ロッキーと兄弟猫なのかもしれません。
とりあえず「ロッキー2」!という名前で呼ぶことにしました。

そんなこともありながら、「一体どうしたの!?」と
ロッキーを探し回っているいるうちに
この辺で猫の虐待があったといういやな噂を耳にしました。
ロッキーがいつもいる場所には、
見慣れない長い棒が置いてありました。
「もしかしたらこれでつつかれて、まさか…」
いやな考えが頭をよぎり、私は焦り始めました。
にゃん友ニャッキー6話
「ロッキーどこへ行ったの?ロッキーお願いだから戻ってきて!」

私は願いをこめてテレパシーで何度も何度も呼びかけました。

つづく→第7話「一緒に!」につづく

フェアリーナ51からのメッセージも読んでもらえると嬉しいです。

多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。