◆あきらめ・・・どれも複雑・・・

TNR活動をつづけてきました 
T公園の しろちゃん♀ 10歳ぐらいは毎年3~4回
出産していました。  この時期のしろちゃんの冬の子たちは、
夜はとても冷え込みますので、 産まれても
ほとんど育つ子はいませんでした。

しろちゃんは 目の色が片目づつ違います
オッドアイ のとてもかわいい子です。
子猫の時から みんながつかまえようと
追いかけたりしてたようでした。

フェアリーナがはじめてあいました時は
しろちゃんを避妊のための何人もの人が
保護しようとしたようで、そのためかなり 
警戒心が強くて、近寄る事もできない状態でした。

しろちゃんの保護は誰もがあきらめていました。
保護する事ができない・・・

ずっと産み続けるだろう・・・

今回も妊娠のためお腹は大きく  
あと数日で産まれてしまいそうでした。

この活動をしていまして さまざまな矛盾をいつも感じます。
妊娠している子たちを手術する時にとくにです。

できれば 産ませて 子猫達は里親様をみつけてあげる、
母猫は避妊する。 ことが理想に近いですが、
今の状態では、すべての子をそのようにしてあげる事ができません。

お腹の大きい子を保護して避妊いたします時はとくに
複雑な気持ちです。
母ねこさんにも・・・
お腹の子猫さんにも ・・・  子猫さんは
「今度は 元気で幸せな生活ができますように」・・・と願います。

毎年何回も 出産をかさねているしろちゃんは
からだに負担もかかっている事ではと心配されます。

子猫もまた、寒さの中で育つことなく 姿が見れないのではと
思いました、活動仲間もいろいろな意見がありました。
「ここまでお腹大きくなったし、つかまらないから・・・「
かわいそうだから 今回はそっとしておいたら・・・」

しろちゃんを直接お世話している

ほかの仲間の
は 「保護できるなら手術してあげましょう」
フェアリーナは「手術はしてあげたい・・・保護できるときに・・・」

その言葉で保護できるならしてみよう・・・と思いました。


フェアリーナはいつかタイミングがあればいつでも保護して手術を
してあげたい・・・と思っていました。
とにかく近づくことができませんでした。

もう数日で産まれるしろちゃんのお腹の大きさを
確認に行きました。

この日いつもよりも警戒心をあまり感じませんでした。

お世話しているみんなの気持ち・しろちゃんの気持ち・
大きなお腹・何回もうみ続けるからだ・・・ 子猫達のことets・・・
それぞれに考えると思う事ありますが 今、いちばんベストな
ことをえらぼうと・・・
保護できるなら 保護しようと思いました。


しろちゃん保護作戦は、のちほど 報告いたします。

ひなたぼっ子しているしろちゃん
しろ保護3


ご訪問ありがとうございます。

クリックで応援のポチをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へFC2ブログランキング ボランティア

テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)