スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ありがとう!!を残した黒ちゃん

昨年からTNRでほとんど手術の終わった
T公園の黒ちゃん 

お世話をしている方が「黒ちゃんこの数日箱の中に
入ったままで ご飯もたべれないみたい・・・」
と ぼそっと話してくれました。

心配になって 箱のなかを見に行きました。

寒い日で箱の中で ジーとしている黒ちゃん。
「たぶん もう食べれないからながくないと思う。」
「3日前に食べようとして飛び上がってたから
口が痛くて食べれないと思う」と話してくれました。

フェアリーナ「病院につれていかないの?」

帰ってきた返事は「つれていってもだめだと思う・・・」

箱の中には新聞が入っているだけで寒そうだった。
次の日フリースをいれてあげようと見に行った。
具合の悪そうな黒ちゃん・・・
いったんは家に帰ったものの やはり気になってしかたがなかった。

暗い箱の中で 寒くて、体調悪くて、さみしいだろうと思った。

やっぱり 病院に連れて行ってあげたい!!と
黒ちゃんの所にむかった。
黒ちゃんはあまり接したことがないので 
おとなしく病院に連れて行けるのだろうか? と思ったりしたが、
フェアリーナ 「病院にいこうね 」
黒ちゃん 「きてくれたの・・・」とうれしそうだった。

先生に診察していただきました。

黄疸がひどく 脱水もかなりひどく とても助からない・・・
口の中は オレンジ色に 変形してほとんどとけていた。
さぞ痛かっただろうに・・・

先生「楽にしてあげたほうがいいかも・・・」

がんばってる黒ちゃんを少しでも
何とかしてあげたい・・・

治してあげることはできないが、痛み・炎症の治療をしていただきました。

もちろん 公園に戻すわけにはいかない、
あずかりさん宅で 見守ってあげることにしました。

治療が終わった時 何回も 「ありがとう!!ありがとう!!」
と黒ちゃんはお礼を言いました。


T公園 くろちゃん2

あずかりさん宅では、 体調の悪い黒ちゃんに 
電気毛布で暖めた寝床を用意してまっててくれました。
鎮静で落ち着かせて 静かにやすんでました。
眠っているかのように穏やかな黒ちゃんでした。

あずかりさんは夜中も何回も黒ちゃんの様子を見に
いってくれました。
本当に感謝いたします。

翌日 夕方に苦しむことなく静かに旅立っていきました。

T公園 くろちゃん3


あの日病院につれていって できることをしてあげれて
本当によかったなぁ~と思っています。
もっと早く知っていたら 何とかしてあげれたのかも・・・
と思うと残念ですが・・・

黒ちゃん迎えに行きまして お花を入れて 
長楽寺さんにつれていきました。
「ご苦労様 黒ちゃん ゆっくり休んでね・・・」

今年はたくさんの子たちを見送りました。


お外の子たちは病気になってもなかなか病院で
治療をうけれることはありません。
痛いのを苦しいのを我慢しながら いるのかと思いますと
とてもつらいなと胸が痛みます。

一日も早くみんな幸せに暮らせることができると
いいと思います。
みんな幸せでありますように・・・


T公園 くろちゃん1

チャリティショッピングのお店
ご訪問ありがとうございます。
↓よろしかったらクリックで応援のポチをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア

テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。