スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆子猫さんを 保護したら・・・


20100510200659ee5.jpg

「フェアリーキャット テイルの不妊手術(一部の場合もあります)
は公益財団法人どうぶつ基金のTNR助成金にて行っています。」


この時期 たくさんの子猫たちが 姿をあらわします。

産まれてすぐは 母猫はなるべく人目につかない場所で
子猫たちを育てます。
何回も場所を移動したりと 子猫たちを守りながら
子育ていたします。


産まれて 1ヶ月~2ヶ月しますと 子猫の姿を見かけます。
母猫の子離れ・事故・迷子・ets・・・

温暖の差が激しい時期や朝晩の寒い日など
子猫たちにはこたえます。
すぐにカゼをひいて 結膜炎などで目やにで
目がくっついてしまいます。

病気・怪我・迷子などのかわいそうな子猫さんを
見掛けます。

今の時期はノミが発生していますので、保護いたしましたら
先住猫さんのいるお家は 必ず保護いたしました
子猫さんは隔離してお世話をしてください。

ノミ・カゼ
などの治療などが終わりましても すぐに先住猫さんと
いっしょにしないで 少しの間(10日~2週間)はサークルや
ケージなどで 隔離いたしましてお世話をいたします。

母猫さんは病気の子を 人に託すこともあります。

フェアリーナは母猫さんに何回も託されました。
「この子をお願いいたします」と目の前につれてきて
託して おいていきます。かなり弱っている子もいました。



 子猫子猫を保護すると言っても 人それぞれのやりかたがあります。ここでは皆さんに私の活動をご理解いただくためにも保護活動における私なりのやりかたをご紹介したいと思います。これから保護活動を始めるられる方の参考にでもなれば幸いです。


251 子猫を保護したら…… 251

69Step1   タオルなどでやさしくくるんで連れて帰る
迷子の子猫を見つけたら まず、これ以上弱らせないために
なるべくじかに触らないですむようタオルにくるむなどして
安静にして自宅まで連れて帰ります。
できれば段ボールやケージなどで安全につれて帰ります。

69Step2   段ボールやケージで暖かい場所をつくる
子猫はかなり弱っている場合もあります。
段ボールやケージなどで 子猫が安心して隠れられる場所をつくり
その中には タオルなどをたくさんいれて暖かくしてあげます。
(冬の間はフリースなどを追加してより暖かく)

69Step3   湯たんぽなどで身体を暖める(冬・寒い時)
子猫は とにかく暖かくしてあげることが必要です。
お湯をいれたペットボトルにタオルにまいて
湯たんぽ状態にしたものをいれたりなどもしています。

69Step4   身体の汚れを暖かいタオルで拭き取る
暖かくして、しばらくそっと休ませてあげます。
子猫の泥などの汚れは暖かいタオルでやさしくゆっくりと拭いてあげます。

69Step5   あたためたミルクを飲ませる
保護した直後は 子猫はとても衰弱してお腹がすいています。
子猫用ミルクなどがすぐ調達できない場合は
無調整牛乳を人肌くらいの温度まで暖めてから与えます。
自力で飲むことができない子には スポイトなどで少しずつ
飲ませるか、手につけてなめさせます。
子猫用 レトルトなど食べれそうな子は食べさせます。

69Step6   獣医さんに健康診断をしてもらう
子猫が落ち着いてきたら獣医さんに健康診断をしてもらいます。
自分でも健康状態をチェックします。
何ヶ月くらいか?体重の計測、カゼをひいていないか、
ミミダニ、ノミのチェック、便の状態のチェックなど…。

子猫用のトイレは、おからの砂を使います。
(子猫の中には、猫砂を食べてしまう子がいますので
食べても大丈夫ものを使っています)
とりあえずの時は 新聞紙を細長くさいたものも使います。
      
69Step7   里親さん探しをする
子猫の健康状態を把握して 病気の感染の恐れがないと判断し、
害虫駆除が終わり次第 先住猫と同じ部屋に入れてあげます。
その後、里親さん探しのため 子猫の写真や動画をとってあげて
当ブログにアップして 皆様へお披露目です。

そうして子猫と一緒に、やさしい里親さんからのご連絡をお待ちしているのです…!
花のライン
1注意点
  1. 暖める際に ホカロンなどは子猫にとってはよくないので使いません。
  2. 弱っている子猫は思っている以上に衰弱が早いので、注意深く見守ります。
  3. 様子を見て 必要だと思われるときは獣医さんにつれて行きます。緊急の際は急いでつれていきます。
  4. 私の場合は、いつも保護して当日ないし翌日には 必ず獣医さんにつれていっています。
  5. 自宅には先住猫がいますので、保護した子猫は必ず別の場所(違う部屋)に隔離して接触させないようにします。病気などの感染を防ぐためです。
  6. 子猫は少量しか食べられませんので ごはんは数回にわけこまめにあげます。
  7. 保護した猫を触ったら 毎回必ず薬用石鹸で手を洗います。
チャリティショッピングのお店

多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア

20100510200659ee5.jpg

「フェアリーキャット テイルの不妊手術(一部の場合もあります)
は公益財団法人どうぶつ基金のTNR助成金にて行っています。」

テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。