スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ルビーちゃん 静かに虹の橋をわたりました。

20100510200659ee5.jpg

 
「フェアリーキャットテイルの不妊手術(一部の場合もあります)
は公益財団法人どうぶつ基金のTNR助成金にて行っています。」

昨年から 体調をくずしていました サビ猫のルビーさん♀が
静かに 虹の橋をわたりました。
年齢は14~15歳ぐらいでした。

ゆりちゃん・ルビーちゃん4、25日 4

通院 していた ルビーちゃん

ゆりちゃん・ルビーちゃん4、25日

なくことも、嫌がることもなくとても大人しくしていました。

ゆりちゃん・ルビーちゃん4、25日 5

水分補給の点滴もじっとしていました。

今年にはいりまして お正月から週に何回かの通院
治療がつづいていました。

ここ数ヶ月は、脱水が続き
自分でごはんを食べることもできない状態で、
毎日、AD缶を シリンジで 強制給仕していました。
最近はお水をあまり飲まなくなりました。

ごはんをたべさせていましても 体重は量るたびに
へっていくばかりでした。
強制給仕は 食べるのも大変ですが
ルビーちゃんは、いつもモグモグと 口を動かして
がんばって食べていました。

治療をいたしましても 完治する状態ではありませんでしたが、
がんばって 食べているルビーちゃんを見ていますと
なんとか 少しでも 楽なようにと 水分補給や注射、
ごはんを食べさせたりの毎日でした。

いつも 大人しく ほとんどなくこともない子でした。
体調を崩す前は 体格のいい子でしたが
最近は これ以上やせることのできないぐらい
小さくなってしまいました。

ルビーちゃんに「よくがんばってるねー」 とお話いたしましたら
ルビーちゃんは、大きな声でお返事していました。

眠るように 虹の橋をわたっていきました。

病院に移動するのも体力のないルビーちゃんには
大変だった数ヶ月 ルビーちゃんは本当におりこうに
そしてよくがんばったと思います。

ありがとうルビーちゃん
ご苦労様でした。ゆっくり休んでくださいね。

今年は年明けから たくさんの子たちを見送りました。
毎週 不思議なぐらいのタイミングの中で
みんな虹の橋をわたっていきました、
どの子を見送りますのも 本当にさみしいですが
いっしょに暮らす幸せな時間を過ごせましたことを
本当に 感謝しています。
みんなのお世話をするというよりも
フェアリーナはみんなに守られてお世話をしていただいています。
ありがとう 大切なファミリーたち・・・


チャリティショッピングのお店


多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア

20100510200659ee5.jpg

 
「フェアリーキャットテイルの不妊手術(一部の場合もあります)
は公益財団法人どうぶつ基金のTNR助成金にて行っています。」

テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。