◆公園のイケメン トラくん  (白血病のキャリアさん) (前編)

フェアリーナは、お外の子の避妊・去勢手術、(TNR)、
保護、里親様さがし、お外の子のお世話をしてくださる方への協力、
お手伝い、猫会議の参加(猫さんとのお話)、
にゃんこさんが幸せになるために
できることはどんなことでも活動しています。

保護いたしました子たちは、やさしい里親様のご縁がありますようにと
里親様さがしをしていきます。
まだ里親様とのご縁が見つからずに
フェアリーナ家で 首を長くして 待っている子たちが
たくさんいます、良いご縁を見つけなくては・・・
と思っています。
毎日本当にいろいろな出来事がおこります。

お外にはとてもたくさんの猫たちが暮らしています。
最近は、なんだか理由ですてられたり、迷子になったりと
あきらかに もと家猫さん(おうちの中で育てられた子)を
見かけます。 びくびくしていてかわいそうに思います。
お外の生活はいろいろなキケンがともないます。
できればどのこも 安心できる所で暮らせるといいなぁ~
といつも祈っています。

そんな中 心温まるお話をいたします。

公園に住んでいるトラくんは、
半年前に食欲が落ちたりして検査の結果
白血病とわかりました。
それまではいつもとても元気に走り回っていました。
イケメンくんなのでシーズンの頃はもてもてで
遠くまで出かけていたそうです。

トラくんにはお世話をしてくれるOさんがいました。

先日 病院の治療帰りのトラくんに会いました。
数日間ご飯が食べれず、水も飲めないトラくんは、
口の中の痛みから よだれが止まらない状態でした。

脱水の水分補給と痛み止め、抗生剤など何本も注射しても
ご飯が食べれない。
トラくんのお世話している Oさんはとても心配していました。

公園には小さなハウスが設置してありますが、
Oさんは、弱りきっているトラくんをこのまま公園に
かえす事を心配していました。まだまだ朝晩は冷え込みます。
ハウスの中には、ホカロンを入れたフリースがひいてありますが、
安心して寝れるようなところではありません。

Oさんは「、おうちの中でお世話をしてあげたいけど・・・
お外で元気に走り回っていた トラくんがおとなしくしていてくれるだろうか・・・」

「とにかく 弱りきっているので、ケージの中でお世話をしてみましょう・・・」
と提案いたしました。
、フェアリーナはトラくんとお話しました。

「おりこうに ケージの中で体を休めてほしいこと・・・
点滴だけでは元気が出ないので、ご飯をがんばって食べてほしい事・・・
初めてのケージでのトイレの事・・・など、
とにかく元気になろうね!」とあれこれと話をしました。

トラくんは、話をとても真剣に聞いて、何回か大きな声で
お返事していました。
Oさんは、「いつもトラのお世話をしているが
話かけてこんなにはっきりと返事をするんは はじめて見ました。」
ととても驚いていました。

トラくんは、とても聞き分けよく
ケージの中で大人しくおりこうにくつろいでいました。
Oさんはそんな トラくんに感心していました。

お外では 走り回っていたトラが小さなケージの中で
おとなしくできるにだろうか?
ないて 外にいきたがるのではないか・・・

家の中よりも すみなれたお外にかえしてあげたほうがいいのでは?
トラくんにとってどちらがいいのか?とあれこれ迷っていることも
くつろいでいるトラくんをみれば
いっきに吹き飛びました。
さっきまでとてもけわしい顔のトラくんがやさしい顔つきになりました。
それを見てOさんの顔はいっぱいの笑顔になりました。

あとは少しでもごはんを食べてくれて元気になってくれるといいと
好きなものを フルコースのようにトラくんの前にならべましたが
食べようとしても 口のなかが痛くて食べれない・・・
何回も繰り返しましたが あきらめて食べなくなりました。
食べたいのに 食べれない・・・
本当にかわいそうでした。

公園のトラくん3

とにかく 暖かくして ゆっくり体を休めてもらうことにしました。

お外の子たちは、病気になっても 病院にいける子たちは少なく
食べれない ということが 体を弱らせていきます。
その上 朝晩の寒さはますます 衰弱させていきます。
暖かくして トラくんの様子を見ることにしました。

                          つづく・・・

多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア


テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)