◆愛の奇跡・帰ってきたちいちゃん!!(後編)

「帰ってきた ちいちゃん」


(2日目)

朝、動物病院の駐車場付近を捜す。

夜中において置いたエサはそのままだ。
捜索用のチラシを動物病院や付近に何枚も貼り、近所にはポスティングをする。
幸い脱走した現場の大家さんが大変な猫好きで、20匹くらいの外猫ちゃんに
エサをあげてくださっているらしい。
大家さんがチラシを何枚か近所の方に配り、掲示もしてくださった。
大家さんの奥さんも一緒に探
してくださる
朝、昼、晩の3回探す。

ちいちゃんチラシ3ちいちゃんちらし2


(3日目)
朝から探す。
置いておいたエサは白い猫が食べていたと大家さんが教えてくださる。
私がいないときは、院長先生も探してくださっているそうだ。
動物病院から家までの道や公園も探す。
保健所、動物保護管理センター、交番の3箇所に届けを出す。


(4日目)
朝から歩いて動物病院付近、家の付近、途中の公園などを探す。
動物病院と家までの間で、外猫にエサをあげている家があるという情報をもらい、
チラシを持ってお願いに伺う。
小雨が降り、ちいちゃんが濡れていないか心配だ。


(5日目)
朝7時頃、家の付近を見回る。

8時ごろ、「ニャー、ニャー」という声が窓の外でする。
いつもエサをあげている黒猫ちゃんかと思い窓を開けると、
なんとエリザベスをつけたままのちいちゃんが!!

すぐ中に入れてあげると「ゴロゴロゴロ、やっと着いた~」と嬉しそう!
エリザベスにはたくさんの傷や折れた後があり、ちいちゃんのここまでの
道のりの険しさを物語っていた。

抱くと背骨がゴツゴツと手にあたり、とても軽かった・・・。
「よく帰ってきたね、よく帰ってきたね」
ごはんをあげて、体を拭き、ブラッシングをしてあげた。
ちいちゃんがお気に入りだった私のカーディガンにくるんであげると
満足そうに眠りに着いた。
ちいちゃん、帰ってきてくれて本当にありがとう。

ちいちゃん1

動物病院に御礼と報告に伺う。女性スタッフは泣いて喜んでくださる。
大家さんに御礼と報告に伺う。「良かった、良かった」と喜んでくださる。
チラシを貼ってくださったご近所の方々に御礼と報告に伺う。

ちいちゃんうれしいよ

《今回のことを振り返って》
自分の不注意でちいちゃんを脱走させてしまったことに
悔やんでも悔やみきれない思いの毎日だった。

実はちいちゃんを我が家に迎え入れたのは脱走するつい2週間前のことだった。
それまで外猫だったちいちゃんに2ヶ月間ほどごはんをあげて、
徐々に慣れてもらい、
「ちいちゃんが住みたいならいつでもおいでね」と声を掛けていた。
段々庭で過ごす時間が長くなり、健康診断の結果が良好だったため、
2匹の先住猫と一緒に家の中で暮らすこととなった。

脱走した時は、「ちいちゃんはやっぱり外が良かったのだろうか」と
、家に迎え入れたことを少し後悔していた。
しかし、ちいちゃんは自分の意思で家に戻って来てくれたのだ。
こんな嬉しいことはない。

ちいちゃんに会う前までは、先住猫の2匹に囲まれて
幸せいっぱいだった私が、ちいちゃんがいなくなって悲しみのどん底に陥った。

先住猫は変わらずそばに居てくれているというのに・・・。
これが「心が豊かになる」ということなのかもしれない。

捜索に協力してくださったフェアリーナさま、信じる力をくれたパールさん。
ちいちゃんが帰ることを祈ってくださった皆様。
皆様のお陰でちいちゃんは自力で帰る力をいただくことが出来ました。
心から感謝と御礼を申し上げます。
ありがとうございました。


《今回行ったこと》

① 失踪現場の捜索と家までの道のりの捜索
② 失踪現場のご近所に聞き込みとお願いに伺う
③ チラシ作り(お店や近所に貼り、ポスティング)
④ 管轄の保健所へ問合せ
⑤ 動物保護管理センターへ迷い猫登録
(発見後は迷い猫登録削除依頼をする)
⑥ 交番へ「遺失物」として届け出る。


チャリティショッピングのお店

多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア

テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)