◆がんばってます。シニア組のみーちゃん!!

シニア組のみーちゃんは16歳

フェアリーナ家には、10歳以上のシニア組さんたちが数匹います。
今年にはいってから、つぎつぎと体調をくずしています。

みーちゃん1

そんな中でも小柄なみーちゃんは、
口内炎の治療を続けてから3年~4年近くになります。
ひどい時には、治療で注射をしてもご飯を食べることが
できないこともよくあります。

薬がきれて痛くなるとよだれが止まらなくなり、
食べたいのに 
痛くてご飯が食べれなくなります。
食べれない時の
注射は
保液のために大きな皮下注射をします。

みーちゃんは「注射は嫌・・」といいます。


みーちゃん3

みーちゃん2

最近は舌の真ん中に大きな潰瘍ができて
ひどい時は赤くはれあがり
ご飯も食べることができなくなり、
よだれも止まらなくなります。

みーちゃん4  
(体をふいてもすぐによだれでよごれてしまいます。)

みーちゃんはとても我慢強く、
なんとか食べようとする気持ちが、
みーちゃんの元気を支えています。

みーちゃんは、数百グラムの子猫の時に保護しました。

 6がつの雨のふる前の肌寒い日でした。
会社帰りに歩道橋の手すりの所に
白いスーパーで使うビニール袋が口を結んでかけてありました。
中は見えませんでしたが、嫌な予感がして中をみたら
毛のようなものが見えて、少しだけ動いたので
生きている とわかりました。
かなり冷たくなっていて弱っていました。
いたずらにしてはひどすぎる・・・と悲しくなりました。

みーちゃんは無駄なきもせず、おとなしく、
ほんとに手のかからない子です。

最近は、ad缶とか アイシンのシェフのムースとか
口内炎や潰瘍にあたっても痛くないものや
かまずに食べてるものを食べています。
ドライは結石治療で使う phコントロール0(ゼロ)でしたら
食べれるみたいです。(好んでたべます)
食べるというよりも飲み込むという感じです。

食べたくても 食べれない時は、お皿の前で
ジーとお皿をながめてすわっています。
なんともかわいそうです。

口内炎はなかなか治るというのはむずかしく
いかに上手につきあうかのようです。

どうしても抵抗力が落ちて熱がでたり、
カゼが治らなかったりしますが、

みーちゃんに食べれるものをお腹いっぱい
食べて抵抗力をつけてほしいと思います。

シニア組さんたちは、フェアリーナの活動を
長年いつも支えてくれた、大切なファミリーです。

がんばり屋さんのみーちゃんこれからも
元気に少しでも長生きしてね!!



チャリティショッピングのお店
多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお 願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)