スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆神のいたずら・・・ (さらなるわかれ・・・)

出会い・・・
わかれ・・・
思い出・・・

人生はたくさんの出会いとわかれなどのさまざまなドラマがあります。

そのたびにたくさんのおもい・気づきなどがあります。

愛するものと永遠に時を分かちあいたい・・・
命あればまたあえる・・・

天国に見送っても いつもそばにいてくれるし、
いつでも思い出をかんじることができる・・・

いつかはわかれがくることもわかっているけど、
悲しすぎてなみだもでないときもある・・・

先日、ライトを見送っての翌早朝のパトロールのことでした。
TNR・保護を続けていますEパークの出来事です。

梅雨時に遺棄された1ヶ月ぐらいの黒猫の仔猫さんがいました。
その後何回かの台風がありました。
そのあとにもまた、仔猫が遺棄されました。
遺棄したと思われる人は、たまにごはんだけあげにたまにきていました。

何とか保護したいと思いましたが、今度は2匹の仔猫たちに
近くに住んでいる人がごはんをあげるようになりました。

保護をしたいので協力してほしいとお願いしましても
仔猫なんてしらない・・・といわれます。。

ここ最近やっと、仔猫たちの姿を見れるようになりました。
何とかはじめの仔猫の黒猫さんと仲良くなる事ができ
やっと保護できると喜んでいました。

この朝、仔猫たちのいる所のすぐ近くで4車線の道路に
黒いものが見えました。

「え・・・ まさか・・・」
あわてて近寄りました。黒
ちび(黒猫)でした。

頭をはねられて 目が飛び出ていました・・・
すぐに歩道によせました。

「信じられない・・・」
しばらく呆然としていました。
ひどい・・・ひどすぎる・・・

車も気づけば少しブレーキをかけるだけで
猫達をはねずにすむこともできるのに・・・

そして1秒違えばはねられずにすんだかもしれないのに・・・

昨日「すぐに迎えに来るからね・・・車に気をつけなければいけないよ・・」
とお話したばかりでした。

黒ちびのかわいい笑顔が目に焼きついています。
まだ あどけなく いたず子このような無邪気な笑顔でした。

ライトを見送り悲しみもさめないうちに今度は黒ちび・・・

神様もひどすぎる・・・

本当に悲しすぎて言葉もなみだも出ませんでした。

1ヶ月という小さい体で公園に遺棄されて、必死の思いで
何とか大きくなって、車が危ない・・・こわいということも
母猫に教わることなく・・・

小さな体で短い命で天国に旅立っていってしまいました。

残念で残念で仕方がありません・・・

猫達はもともと外で暮らす生き物ではないので、
安心して幸せに暮らせるように一日も早くなってほしいと
心から祈ります。

みんな幸せでありますように・・・


ご訪問ありがとうございます。

クリックで応援のポチをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へFC2ブログランキング ボランティア


どうぶつ基金バナー200x40 (2)

「フェアリーキャット テイルの不妊手術 
(一部の場合もあります)は
公益財団法人どうぶつ基金の
  みみ先カット猫無料不妊手術事業で行っています。」

テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。