スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆“にゃん友ニャッキー”のお話~第2話「カミングアウト」


(第1話「出会い」からつづく)

「実は…私……本当は男の子なの」

と、“ハイジ”はくるっと後ろを振り向いたかと思うと
黒いシッポをすらりと立ち上げ
しっかと 男の子のシンボルの「タマタマ」を見せてくれました。

「えー!男の子!うっそ~?!」

そーいえば、きちんと性別を確かめたことはなかったような…。
ハイジの身体はほとんど白ですが、
タマタマのあたりは黒い毛でよく見えませんでした。

暗闇の中でかわいい声をかけられて 三毛猫といえばメスと
私が勝手に思い込んでいただけだったのです。
まったく私としたことが…。
ニャッキーのカミングアウト

その日の夜、友人にハイジにカミングアウトされたことを話しました。
「えー本当?それじゃ“ハイジ”ちゃんじゃ合わないじゃん!」
と言い、友人は1日かけてハイジちゃんから“ニャッキー”という
なんともステキな名前を提案してくれました。

友人いわく「幸運をつかみ取る<ラッキー>なニャンコ」という意味らしい。
さっそく採用して、今度ハイジ改めニャッキーくんに会うときに
教えてあげることにしました。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

これまでは少し距離をおいて暗い所で待っていたニャッキーでしたが
真実をカミングアウトして 少し心が楽になった(?)のか
公園で遠くからでも見える場所で待ってくれるようになりました。

「おーい、待った~?」
「遅かったね~。ずーと待っていたんだ!お腹すいたよ」
「今あげるわね。ところで、今日はあなたにぴったりな新しい名前を
 考えてきたのよ」
「へー。どんな名前?」
「“ニャッキー”よ」
「んふ、いい名前だね」
と、新しい名前を教えてあげるとニャッキーは喜んでくれました。

それ以来 遠くから「ニャッキー!」と呼ぶと
嬉しそうに駆けよってくるようになりました。
どうやらこっちの名前のほうが気にいったようです。
そりゃそうですよね。やっぱりオスですから…。

そうして だんだんと仲良しになっていったのですが、
ニャッキーの様子がいつもと違うときがありました。

つづく→第3話「ニャッキーの異変」

フェアリーナ51からのメッセージも読んでもらえると嬉しいです。

多くの方に猫達を見てもらえるようランキングに参加しました。
↓よろしかったらクリックで投票をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へFC2ブログランキング ボランティア
スポンサーサイト

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。